北海道に行くなら!これ食べないと損しますよ!?


北海道の大地で産まれた農作物はやっぱり外せない!

北海道と言えば、そこには広大な農耕地があり、多くの作物が栽培されています。よく知られているのは、じゃがいもとかトウキビ(とうもろこし)ではないでしょうか。メロンで有名な所もあります。もちろんそういったものは北海道以外の場所に運ばれ、スーパーなどでも販売されていますが、やはり現地のとれたてで新鮮なものを食べるのがベストでしょう。それらを気軽に食べられる所と言えば、道の駅があります。その出店などで売っている出来立てでホクホクのじゃがバターや醤油の香りがたまらない焼きトウキビなどは格別の美味しさがあります。農産物直売所を設けている道の駅もあるので、とれたてをお土産として買って帰ることも出来ます。

北海道の海の幸は漁港へ行くと新鮮なものを頂けます!

さて北海道と言えば、周りは海で囲まれています。ということは海の幸も楽しめるということです。漁港の近くの商店街では観光客用に魚介類が食べられるコーナーを設けていることがあります。どんぶりにご飯を盛って、その上に刺身や貝類など、好きなものを選びながらのせてもらいます。そうやって自分流の海鮮丼を食べられるのです。美味しかったものは商店街の中にある鮮魚店で購入することも出来ます。また商店街だけでなく漁港近くの食堂でも美味しい魚料理を楽しめます。どちらにしても新鮮さが魅力です。

食べられる場所を確認してから行きましょう!

北海道には道の駅が100以上もありますし、漁港も数多くあります。全ての所で先ほど書いたものを食べられるわけではありません。また収穫時期もあります。道内の道の駅を紹介しているウェブサイトもありますし、漁港近くの商店街がウェブサイトを開設していることもあります。そういったところで情報を確認してから北海道を楽しみましょう。

北海道の旅行は、食が充実している地域が多いので、地元の人が訪れる市場や食堂でグルメを堪能すると良いでしょう。

お問い合せ
ニセコのツアーで見つける