新車ではないからこそ選び方に気を付けたい中古車


中古車選びは意外と大変!

中古車は誰かが使用していた車です。走行距離や利用の仕方、保管状況などが異なるため、状態も個別に異なります。したがって、選ぶ時には状態をよく確かめないと、すぐに故障をしてしまう状態の悪い車を手に入れてしまうリスクがあります。例えば、比較的年式が新しいのになぜか相場よりも安い、といった場合は疑ってかかった方が良いでしょう。責任ある会社なら説明はしっかり行うはずですが、小さなところだと売れればよいと考えるケースも少なくありませんから、自分でチェックしないと傷物を買ってしまうことがあります。

ここだけは見ておきたい購入時のチェックポイント

中古車を購入するにあたって、外装は初めに見ておきます。傷やへこみがある場合は、事故に遭った可能性があるので、なるべく避けた方が無難です。エンジンの音も実際に始動して確認させてもらいましょう。車の動力部なので異常があれば走行時に危険ですし、修理も高くなってしまうからです。始動時に異音がしたり、タイミングベルトの異音があったりする場合は、エンジンがダメージを受けている可能性が高まりますので、購入対象から外した方が良いです。

整備記録をチェックして整備がされてきたのかを見る

整備記録があるなら、整備がどの程度の頻度で行われてきたのかをみましょう。こまめに整備がなされていれば、前のオーナーが大切に乗っていたことがわかります。雑に乗っていた場合に比べて丁寧に乗っていた場合の方が車に負担がかかっていませんので、故障が起こりにくいはずです。最後は販売しているお店が過去にトラブルを起こしていないかを確認しておけば、購入後に何かあっても誤魔化されないので、最低限確認しておくべきです。

かつては頑丈だけが売りなボルボでしたが、最新のボルボはデザインが洗練されスタイリッシュです。ボルボを仙台で走らせ、杜の都を満喫しましょう。

オフィシャルサイト